看護師の職場【看護師に復帰したい】

看護職と一緒に働く医療職や福祉職

看護師は、医療職や福祉職の人たちと共に働き、
それらの人と協力して、患者さんの治療や看護、在宅療養にあたります。

医療職

・医師

 

医師は、治療、検査、薬の処方などを行い、看護師がその捕助をします。

 

薬の処方の際には、医師が出した薬の作用や副作用を観察して医師に報告し、
意見を伝えたり、病棟で働く看護師は、患者さんの入院生活を24時間交代で観察し、
病状を把握し、医師とも意見交換をしながら、
患者さんがより良い治療を受けられるようにサポートします。

 

・薬剤師

 

薬の作用機序や作用・副作用についての知識が深い薬剤師は、
服薬指導を行います。

 

看護師は、薬剤師と、薬物療法をどのように生活に取り入れていくかを
相談することもあります。

 

・栄養士、管理栄養士

 

栄養士、管理栄養士は、患者さんの栄養状態や健康状態に配慮した食事を考えて提供します。

 

患者さんの病気や状態によって、栄養制限、塩分や糖分を控える食事、柔らかい食事など、
特別な食事が必要になる場合もあり、
病院では、必ず栄養士や栄養管理士が配属されています。

 

・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

 

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は、
運動機能、日常生活動作、言葉のリハビリ等を行います。

 

・臨床検査技師

 

臨床検査技師は、血液検査など、各種検査を担当します。

福祉職

・社会福祉士、精神保健福祉士

 

社会福祉士、精神保健福祉士は、社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)の専門職です。

 

患者さんが使うことができる福祉制度を紹介したり、
居所や各種機関と連絡を取るなどして、
在宅で治療を続ける人のサポートをします。

 

高額医療機器をどのように家庭に導入するかなど、
経済的なことについても、制度に関する知識を活かして、
看護師とも相談し、退院支援を進めるなどもします。

 

また、精神保健福祉士は、特に精神保健福祉分野の専門職でもあります。

 

・ケアマネージャー(介護支援専門員)

 

高齢者の介護保険で利用できるサービスを計画する人が
ケアマネージャー(介護支援専門員)です。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)には、
看護師の資格を持つ人もいます。

 

そして、高齢者の在宅ケアの質を上げるための大切な仕事をします。

 

・介護福祉士、ホームヘルパー

 

介護福祉士は、介護の資格で、在宅で治療を続ける患者さんや高齢者の
入浴の手伝いや買物、食事の準備、部屋の掃除などの家事、
体の介助、生活の支援などを行います。

 

高齢化が進んでいる現代の日本で、
また、入院期間が短くなっている日本では、
在宅で過ごす高齢者や、自宅で治療を続ける人が増えていきます。

 

介護福祉士は、訪問看護師などと協力し、
患者の生活を支えていきます。