看護師の職場【看護師に復帰したい】

企業で働く看護職

企業で働く看護職は、「産業保健師」という名称で働いています。

 

大企業には、大規模な健康管理センターがあり、
看護師が何人もいて、共に仕事をします。

 

しかし、小さな事業所では、保健師が一人だったり、
看護師も1人暗いという子とが多いです。

 

産業保健師は、企業等で働く労働者の健康管理や健康増進をサポートし、
産業医や衛生管理者などとチームを組んで、保健活動を行います。

 

健康診断、健康相談、保健指導を通じて、
その企業で働く社員が病気にならないように予防するという業務が
産業保健師の中心的業務です。

 

そして、業務は、個別に対応することもありますし、
集団を対象として教室を開いたりするなど、
効果的だと思われる方法を色々組合せながら保健活動を行います。

 

近年は、海外での感染症なども相次ぎ、
海外出張における感染症への対策も求められますから、
そういった知識や情報収集力が必要です。

 

また、現在働き盛りの人たちのなかには、
生活習慣病やがん、うつ病等の病気の人が増えています。

 

働く人の健康状態は、事業所の生産性におおきな影響を与えますから、
産業保健師の活躍は、今後も注目されていくでしょう。