看護師の職場【看護師に復帰したい】

看護職として起業する

看護職のなかには、起業する人もいます。

訪問看護ステーション

看護師の知識を元に会社を興す人では、
訪問看護ステーションを作る人が多いです。

 

訪問看護ステーションは、保健師、看護師、准看護師という看護職員の
常勤換算2.5名以上で、そのうち1名は常勤で開設することができます。

 

地域にもよりますが、介護部門や老人保険施設など、
地域に必要なサービスを作りだしていくことができ、
医療や福祉、行政が連携することで、地域のサポート体制を作っていく役割を担うことができます。

 

高齢化が進む現代の日本では、ますます期待される分野であるといえるでしょう。

 

また、最近は、健康相談や血液検査など、
健康関連分野の会社を興す看護職も多くいます。

 

今までの医療保険サービスだけでなく、
患者さんや住民が必要とするサービスを提供する企業を興すという行動力は、
看護職の可能性を広げていくことになるでしょう。

 

総合研究所で働く

大学で看護学を専攻し、卒業後、
調査や研究を行う会社である総合研究所に就職する看護職もいます。

 

総合研究所では、看護職で培った知識と研究手法を用い、
家族や患者さん、医療関係者へのアンケート調査、インタビュー調査等を実施するなどして、
分析や報告を作成します。

 

また、看護系大学などの研究者や省庁と共に研究を行うこともあります。

 

総合研究所で働くためには、医療制度や病気の知識等の幅広い知識が必要で、
同時に、統計手法などの研究の知識も必要です。

 

さらに、社会全体の幅広い知識も必要です。