看護師の職場【看護師に復帰したい】

精神科訪問看護の看護職

精神科の病気には、落ちこんでしまい希望が持てなくなる「うつ病」や、
幻聴が聞こえるなどの症状が起きる「統合失調症」などがありますが、
これらの病気は、脳神経細胞間の神経伝達物質のバランスが崩れるということが分かっています。

 

そして、精神科の病気にかかってしまった場合、
昔は、入院病棟で治療を受け、長期入院するというのが常でした。

 

ですが、最近は、脳神経細胞間の神経伝達物質のバランスが崩れるという
メカニズムに対して効果がある薬が開発されるなどし、
早期に退院して地域で暮らす人が増えました。

 

地域で、家庭で暮らす精神病を抱える患者さんを支える看護職が、
「精神科訪問看護」です。

 

精神科訪問看護は、病院や訪問看護ステーションから、
精神科疾患を持ちながら家で暮らす患者さんのもとを訪問し、
療養の相談に乗ったり、日常生活の手伝いをしたり、
相談を受け付けたりします。

 

精神科訪問看護の役割を担うのは、主に看護師です。

 

たとえば、自己判断で薬を飲むのをやめてしまうと病気が再燃してしまうこともあるので、
医師と相談しながら内服治療を適切に続けていけるように、
症状や副作用の相談に乗るなどします。

 

特に、精神科の病気は、薬だけで治すものではありません。

 

安心できる環境や人間関係によってストレスを軽減し、
再発や症状の再燃を予防することが必要です。

 

日常生活の中で出会うトラブルについての解決法を患者さんや家族と一緒に考えたり、
本人が生きたいと願う人生の目標に向かうサポートをします。

 

精神科訪問看護師に求められる資質とは、
患者さんである利用者の価値観やペースを大事にすることができ、
疾患を理解し、主治医や周りの支援者と相談しながら支援できるというものであるといえるでしょう。